ブログ

誰もいない森で木が倒れたら音はするのか

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:犬 八千代 船橋 ペットホテル トリミング

誰もいない森で木が倒れた時に音はするのか。
本にかかれていた言葉ですが、古くからある有名な問いなのですね。とても、面白い質問です。

認識する対象がいなければ存在しない

あれこれ考えて、大きな木が倒れるその時に何も音がしない。という不思議な感覚がイメージできました。
音というのはたまたま人間の私たちが使っている機能の1つ。
音を【聞く】という感覚がなければたとえ大きな木が倒れても音はしない。

この世界がどのように形作られているようにみえるかは私たちの身体的構造に大きく影響される。

音を聞き。
景色を見て。
触れる事で暖かさを感じ、痛みを感じる。

【この世界がどのように形作られているようにみえるか】は人間という身体的特徴によって限られてきます。
【この世界をどのようにみるか】は自分の心の持ちようで大きく変わってきます。
この世界をどう感じると判断するかは全て自分の心次第なのですから。

あらゆる生き物は自分とは異なる身体的構造、知覚を持っていて、全く違う世界を生きています。

『誰がいようがいまいが、森で木が倒れたら音はするに決まっている。』
というのはとても常識的な意見。

でも、自分の常識は自分だけのモノ。

もちろん人間には人間の常識があるし、犬には犬の常識がある。
でも、常識はわりと小さな枠組みでしか存在できないものなのかもしれません。

枠組みが大きくなるにつれて例外がどんどん出てきて、【常識】は姿を消します。

世界で起きているほとんどの事は自分の力で変化させる事は難しい。
けれど、自分の心を変化させる事は簡単ではないけれどわりと出来そうな気がします。

世界を自分次第でどのようなものにでも変えられるかもしれないと思うとワクワクします。

ドッグトレーナーは想像以上に多くの事を学ぶ事が出来る仕事でした。

人間相手だけではない他種の生き物と触れ合う時間が長く、理解しようとすればするほどに、自分の知覚・考えとは違うモノが世界中にあふれているのだと知る事が出来ました。

犬の行動を人間が望む形に完全に変える事はできない。
そんな時はどうしても飼い主さんの考え方を変えてもらう必要があります。

これまでずっとイライラしていた行動が、考え方次第であっさり消えさったりするもの。

答えはマサカ!な所で出会ったりするものです。
この問いが載っていたのは100の思考実験という本です。

短いお話が沢山のっているのでとても読みやすく、面白いです☆

犬のペットホテル、トリミングサロン、しつけのご相談は
船橋市DogStylingSalonMele
八千代市WhiteFluffy
メレ&ホワフラにお任せ下さいU・w・U