ブログ

なぜ世の中には沢山の【決まり】があるのか?

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:犬 八千代 船橋 ペットホテル トリミング

世の中には宗教・法律・伝統・会社・家族、大小様々な規模のグループで決まり事が存在します。なぜ、世の中にはこうも決まり事が沢山あるのでしょうか?

決まりの理由が自分の中で消化できないと押し付けられているようでモヤモヤする!!

宗教や伝統的な決まり事はとても理不尽なものが沢山あるので、それは今回は置いておいて、法律はなぜあるのか。を考えてみました。

はじめは何もないところから、問題が起こるとそれを回避しようとして決まりが出来る。
例えば、交通事故を起こす人は飲酒をしている率が高い→飲酒運転は禁止。など
法律で禁止されている事は、他人に迷惑をかける可能性が高い、又はその人自身に悪影響があること。
つまり法律は、人間という種全体にとってマイナスになるである可能性が高いことを禁止しているものであることが多い。

20歳未満でお酒を飲んではいけない。決まりだから。
タバコを吸ってはいけない。決まりだから。

理由がわからないのに禁止をされても、言う事をきくきになりません。
重要なのは、【なぜ】禁止されていることなのかを理解させることです。

さて、ここからが犬のお話し。
犬社会にも様々なルールがあります。

初対面の犬には姿勢を低くしてあいさつする。目を直視しない。
年長者や力が強いものが先にごはんを食べる。なんてことないルールですが、もしこのルールがなかったら群れはどうなるでしょうか。食事の度に餌を奪い合い、仲間内の喧嘩で怪我をおっていては群れの存続にとってマイナスです。

無駄に吠えない、仲間に危害をくわえない、リーダーの指示には従うなど。各犬がルールを守る事によって群れ全体が存続し、そして統一感があるほどに強い群れとなります。強い群れに属していれば、もちろんそのグループにいる一頭の犬は生き延びる可能性が高くなります。

仔犬から成犬へと成長する間に、学ぶべき事が沢山あります。
他の犬がごはんを食べているところに近づいたらどうなるのか。
他の犬のテリトリーにしっぽをあげてはいるとどうなるのか。

自分が行動した結果、相手がどのような反応を示すのかを身体で感じる。

そしてまた逆の経験も必要。

自分の寝床に見知らぬ犬が鼻をつっこんできたらどう感じるのか、あいさつもなしにいきなり背中にのられたらどんな気持ちになるのか。
大事な事は【だめ】という禁止事項を教える事ではなく。
なぜだめなのかという事を考えさせ、経験させ、自分自身で納得した上で【しない】という選択をさせることです。

もちろん全ての決まりが納得できるものであるはずはありません。

しかしたとえ1つでも2つでもルールを守るという重要性を知り、一見遠回りにみえるものでも結果的に自分の身を守る事になるという事実があるということを知っているかいないかでは行動に大きな差がでてくるはずです。

いったいどうすれば個人の欲求をおさえ、自発的に群れ全体にプラスになるであろうルールを守ってくれるようになるのか。
やはり1番大事なことは出来るだけ沢山の犬・人とコミュニケーションをとれるよう、大きな社会的な枠組みの中で生活をしてみることでしょう。
自分はひとりなのではなく、自分の行動は相手に影響を与え、自分も周囲から影響を受ける存在、大きな社会の一部なのだという事を感じる事です。

噛みつき・吠え・飛びつき、
【だめ】を教えるのは難しい。

なぜ【だめ】なのか、わからないからです。

わからないことを強制されても、その効果は薄い。

実際犬にとってはどれもイケナイことではありませんから。

犬のペットホテル、トリミングサロン、しつけのご相談は
船橋市DogStylingSalonMele
八千代市WhiteFluffy
メレ&ホワフラにお任せ下さいU・w・U