ブログ

可愛いこほど旅をさせよう!

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:犬 八千代 船橋 ペットホテル トリミング

ずっと昔、ヨーロッパ人は自分たちの支配下を増やそうと世界各地を旅し、その地域で出会った部族達を銃や剣を使って殺戮し、資源や人手を自らのものにしていました。

清潔や安全を求めすぎると弱くなる

部族達も決して弱くはありませんでしたが、ほとんどの戦いでヨーロッパ人は勝利をおさめました。その勝敗を分けたのはヨーロッパ人には発達した武器があったということ。
そしてもうひとつ、ヨーロッパ人が意識していない力がヨーロッパ人たちを圧勝させました。

それは、病原菌の力です。

ヨーロッパで一昔前にはやり、多くの感染者・犠牲者を出した病気がありました。
そしてヨーロッパ人が足を踏み入れた地域の人々に次々と病気が蔓延し、ほとんどの原住民たちが命を落としました。
無事だったのは体に抗体があったヨーロッパ人だけ。
しかし、ヨーロッパ人が熱帯地域まで踏み込むと、次はヨーロッパ人が免疫のない感染症にかかり、次々と命を落としました。

私たちが安全、健康で過ごしていられるのはこれまでに慣れ親しんだ環境の中だからこそです。なんの知識もなく今までと全く違う環境に放り出されれば急激な変化に体が対応できず、体調をくずしたり、命に危険がおよぶこともあるでしょう。

さて、気になる話題がもうひとつ。
『転んで顔を怪我する子供が増えている』というニュースがありました。
子供は今も昔も転ぶもの。
しかし昔よりも顔を怪我をする子供が増えたというのはどういうことか。

それは転んだときにとっさに手をつけなくなった。
または手をついても体を支えられずに地面に顔をうってしまう、ということです。
筋力低下の原因は、ハイハイをする時間が短くなったからだそう。
赤ちゃんの移動範囲がきれいに整えられた安全な狭いスペースのみになってしまったこと、そしてハイハイからつたい歩きになるまでの時期が短くなったこと。

子供が早く歩けるようになるのは良いことのように感じていましたが、ハイハイの時期は腕の筋肉をつけるためには重要だったのですね。

さて、なぜこんな話をしたかというと。
今は、犬も人もどんどん弱くなってきているように感じたからです。

昔よりも段違いに快適に過ごせるようになった今。
これ以上、過剰に安全や清潔さを求めることは実は危険なことなのかもしれません。

経験したことない事に体は耐えられず、精神にも大きなストレスがかかります。
汚れた場所に行った事がなければ免疫力はつかず。
あまり動かさなかった体は筋肉もつかず、骨ももろい。

感染症の話しは大げさかもしれませんが、現代の犬はあまりに刺激が少ない環境に育ちすぎているせいでとても弱い。
ホテルでの宿泊などいつもと違う環境におかれると、ごはんを食べられなくなったり、下痢をしたりと体調を崩す。
あまりにデリケートすぎるのは犬自身にとって悪影響です。

小さい頃から多少厳しい環境にも身を慣らし、自己防衛機能・判断力・筋力など意識して鍛え、自分の事は自分で守る事ができるようにしてあげるのも育てる側の愛情です。
精神的に強い子はストレスがかからずいつでも元気でいられます。
身体的に強い子は行動範囲が広がりますし、どんな場所でも活発に動き回る事が出来ます。

可愛いこほど、小さい頃に沢山の経験をさせてあげましょう♪

犬のペットホテル、トリミングサロン、しつけのご相談は
船橋市DogStylingSalonMele
八千代市WhiteFluffy
メレ&ホワフラにお任せ下さいU・w・U