ブログ

去勢を考える

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:去勢を考える
white fluffyではオス犬の去勢を推奨しています。
未去勢のわんちゃんは、初めてお泊まりをする前には数時間お預かりをして様子を見てからのお預かりとなります。

犬を飼い始める時に想像する犬との生活はどのようなものでしたか?

多くの人が理想とする犬は、

  • 部屋では落ち着いている
  • 散歩では引っ張らずに歩く
  • 他人や他犬に友好的
  • うるさく吠えない
  • トイレをちゃんと覚える

確かにこれらが全部出来ていたらとても飼いやすい犬ですね。

本来の犬の姿

さて、【本来の犬の姿】を考えてみましょう。
野生動物の生きる1番の目的は、自分の子孫を残すことです。
しかしオスは、強くなければメスを手に入れることが出来ません。
そのため彼らは自分の地位を守るために様々な行動をとります。

1つ目は【自分のテリトリー範囲を広げようとする行動】です。

犬は自分のテリトリー範囲にいる時と、他の犬のテリトリー範囲にいる時とでは順位が変わります。
つまり犬にとってテリトリーというものはとても重要な意味を持つのです。
いつも外では他の犬に弱気でフセてしまう子も、自分の家に他の犬が近づいてきた時は急に強気になって吠えます。
自分たちがいつも住んでいる場所は当然ですが、自分のにおいがするものの周辺はその犬にとってのテリトリーとなります。

そのため散歩へ行くとオス犬は様々な場所にマーキングをするのです。
出来るだけ目立つよう高い場所に、そして出来るだけ様々な場所に自分のにおいをつけようとします。
マーキングによって自分のテリトリー範囲が広がり、自分がえらい立場でいる事が出来る空間が広がるのです。

2つ目は【自分の順位を上げるために周囲へ挑戦しようとする行動】です。

犬はもともと争いを好まない動物です。
しかし、メスを奪い合う時や身体の大きさや年が同じくらいのオスがケンカをうってきた時、嫌な事をされて威嚇をしても相手が止めなかった時などは本気で咬みつきにいきます。

ここまでの話をまとめると、未去勢の犬は

  • テリトリー内では強気で侵入者に威嚇して遠ざけようとする  =吠える
  • 自分の地位を守るために他人・他犬へ攻撃的な態度をとる  =噛みつく
  • 他の犬のにおいに夢中になって電柱にむかって一直線  =引っ張る
  • あちこちにマーキングをする
  • マウントする

これらが彼らにとってごく自然な意識であり、訓練でどうにかなるものではありません。
トレーニングで行動は変化させることが出来ても犬の意識は変わりません。

つまり最初にあげた【人の理想】と【本来の犬の姿】との間には大きなギャップがあるのです。

犬が望んでいるかわからないのに去勢をするのは人間のエゴでしょうか?

犬が望んでいるかわからないのに去勢をするのは人間のエゴでしょうか?
しかし、自由ににおいを嗅ぎたい、マーキングしたい、交配したいという欲求がある未去勢のオス犬にとって、人が彼らの行動を管理・制限する事は大きなストレスになることは確かだと思います。
去勢は、彼らが日本の人間社会の中でストレスなく過ごしていくために必要な事だと思います。
もちろん未去勢でもとても落ち着いていてなんら問題行動が見られない犬もいます。しかし、過剰な興奮状態や吠え止まない犬のほとんどは未去勢のオスです。

とても広い牧場などで1日中好きに走り回ったり、犬の好きなように過ごせるのであれば去勢をしなくても問題ありません。

しかし、日本の家は海外に比べるとずっと狭いですし、運動といえばリードをつけて多くて1時間程度歩くだけという状況を考えると、去勢をしてあげた方が犬は幸せで穏やかな毎日を過ごす事ができると思います。