ブログ

クレート 犬たちに安心できる空間を

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:クレート 犬たちに安心できる空間を
クレートとは、ハードタイプの持ち運びができるわんちゃんの小さなお家です。
みなさんはクレートにどのようなイメージを持っていますか?
日常的に使っている方もいると思いますが、『狭くて可哀想..』『一度もいれたことがない』という方も多いのではないでしょうか。
実際、車でお迎えに行った際に『クレートに入れたことがないのですが大丈夫でしょうか?』という飼い主さんも多くいらっしゃいます。

人も、犬も、静かにひとりでリラックスする時間が必要です

元気いっぱいで他の犬や人が大好きなわんちゃんにも、シャイで緊張しがちなわんちゃんにも、どちらにもクレートは有用なものです。仔犬の時期にクレートの中で眠る時間をつくってあげれば、ほとんどの犬がクレートで落ち着いていられるようになります。

ペットホテルにはたくさんのわんちゃん達がいます。

ホテルに毎日のように通っていない限り、嗅ぎ慣れないにおいや環境に興奮したり、緊張したりします。私たち人間も同じで大勢の人たちと長時間一緒にいたり、騒々しい場所にずっといると疲れてしまいますよね。
人も、犬も、静かにひとりでリラックスする時間が必要です。

そんな時にクレートが役に立ちます。クレートの中はプライベート空間です。
囲われたスペースの中、外部からの刺激がなく安心できることが分かるとぐっすり眠ることができます。
使い慣れた自分の家のにおいがするブランケットなどがあるとより安心することができます。

周りが見えて、ウロウロできるスペースがあるサークルではだめです。外が良く見えるサークルでは刺激に敏感になって落ち着いて眠る事ができません。

そのため宿泊中はドッグランや室内での遊び時間の他に、【クレートにはいって休憩する時間】を作っています。

いつまでもダラダラと外に出ているよりも、《遊ぶ時間》と《ひとりでリラックスする時間》をきっちりと分けて、生活に変化とメリハリをつけることで犬達の精神的なバランスをうまく保つことができます。

ペットホテルにも簡易自宅を

特に問題がない場合、家で飼っている成犬をクレートにいれて飼う必要はありません。犬が好きな場所で自由に眠らせてあげるのが良いと思います。自分の家で緊張はしませんし、家全体が安心できる場所となっているはずですから。

ただし、仔犬の頃はぜひクレートで寝かせてあげてほしいと思います。

1才までで大丈夫です。

1才まで、クレートの中で寝ることを習慣づけてあげればその後は完全フリーで生活をしてもOKです。
クレートで仔犬の頃に眠っていた感覚はずっと忘れません、すごく久しぶりにクレートに入れた場合でも安心して待っていられるようになります。

ペットホテルにも簡易自宅を持ち込めるのは犬にとっても嬉しいことだと思います。