ブログ

群れの力

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:群れの力
犬は【群れ】で生きる動物です。
群れにはルールがあります。
犬は群れのルールに従う動物です、守る事が出来ない犬は追い出されます。
群れにはオーラがあります。
自信があり、毅然としたリーダーのもとに集まる犬たちは穏やかで良い印象を与えます。
群れの犬たちにはそれぞれの立場があります。
順位が自分より上の犬に対しての振る舞い方を心得ています。

空気を読めない嫌われ者

通常犬たちの暮らしている家では、家族という少数での群れが構成されています。
犬はしっかりと家族全員と自分との関係性を確立していて、それぞれ違った態度で接しているはずです。
少数の群れの中でしか生活をした事がない犬は、学校に通った事のない子供のようなものです。

大事な犬同士の掟、ルールを知らず、群れの力やオーラを感じ取る能力が乏しいです。
群れの空気を読めない嫌われ者になってしまいます。

ペットホテルのような初対面の犬たちが集まっている場でも、しっかりとした群れが構成されています。
普段は他犬や他人に対して吠えかかったり唸ったりしている犬も、沢山の見知らぬ犬に囲まれると多くの犬がいつもより大人しくなります。

最初は群れに溶け込む事が出来ずに自分勝手な行動をしていたとしても、そんな態度を見せるたびに怒られ、他の犬たちから受け入れてもらえないという状況を経験するうちにだんだんと群れの雰囲気になじんできます。
ある程度長い期間群れの中で生活し、場に慣れた犬たちは穏やかです。
はじめて大きな群れの中にはいった犬は、緊張したり、興奮したり、淋しくなったり、落ち着かない様子です。
しかし1週間もすれば群れの放つオーラを受け、周囲の犬たちと同じような態度をとるようになり、雰囲気に馴染んできます。

犬にも勉強と特訓の時間を

犬と人、1対1で何かを教え込む事よりも大切な事。
それは、『群れの一員としてどのような振る舞いをすれば良いのか』ということを学んでもらう事です。

家族から離れて沢山の犬たちと一緒に過ごすペットホテルやドッグキャンプなどでの共同生活は、その全ての時間が犬を成長させる価値のある時間なのです。
社会的動物である犬にとって、 大事な勉強・特訓の時間となります。

自分の事は自分で面倒を見る、問題解決は自分の力で。人が海外留学するのに似ています。
人が社会や学校で団体行動の仕方を学び、他人に迷惑をかけない常識的な振る舞いを身につけるように。

犬にも【犬の学校】が必要ですね☆