ブログ

ひっぱる!ひっぱる!あなたの愛犬はどのタイプ?

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:犬 八千代 船橋 ペットホテル トリミング

トレーニングの相談の中でも多いのが【引っ張り】です。性格によって、どのようにリードを持てば落ち着いて歩けるようになるのかが違います。同じような傾向を持った犬をタイプ別にしてみました。

○元気いっぱい!自信満々・楽天的タイプ
○とにかく大興奮!成犬になっても心は仔犬タイプ
○犬が大嫌い、こっちにくるな!攻撃的タイプ
○犬・人・大きい音にびっくり!恐がりさんタイプ

《楽天的タイプ》の性格は陽気で、犬も人も大好き☆
目がキラキラしていて、自分に自信がある犬たちです。
『飼い主さんの事は好きだけど、ダメっていわれても走りたいし、遊びたいんだもん。走っちゃえ〜♪』
楽天的タイプの子たちにはしっかりと横につく時間、自由に遊ぶ時間をきちんと分けて、それを分かりやすく伝えてあげる事が大切です。このタイプの子たちはいつでも遊べるチャンスをうかがっています。横につく、犬にとっての仕事の時間は毅然とした態度をとり、犬の集中が切れないように注意する必要があります。この子たちはがっつり怒ってもへっちゃらで、多少の事で人を嫌いになったりはしません。今はひっぱってはいけない時間なのだと、しっかり犬に伝えてあげましょう。このタイプの犬たちは一度理解が出来ると驚くほど上手に歩いてくれます。

《仔犬タイプ》の性格はとにかく興奮度が高い。
放っておくといつまでもはしゃいでいて、落ち着く事を知らないかのようです。このタイプの犬は興奮している時にはまったく声が届きません。その場で落ち着くのを待っていても刺激があるたびに興奮していつまでたっても先に進めない・・・
この子たちに有効なのは、リードを短めにもって同じペースでひたすら歩く事です。犬がひっぱっても、立ち止まっても、回転しても、犬にかまわず黙って歩き続けます。はじめは吠えたり、とびついたりと大興奮していますがしばらくすると一定のペースで一緒に並んで歩けるようになります。
人が落ち着いた態度で、同じペースを保って歩いていれば仔犬タイプの子たちも次第に冷静になり、落ち着いて歩く事が出来るようになります。

《攻撃的タイプ》の子にはまず犬への社会化が必要です。
飼い主さんと自分のテリトリーから離れてドッグキャンプなどに参加し、24時間他犬に囲まれて生活して犬が側にいる事に慣れてもらいます。そしてスワレなどのコマンドをしっかりと教えます。
・犬が側にいても冷静でいられる
・すぐに指示を聞く事が出来る
この2つが出来るようになってから散歩で犬を見てもひっぱらない練習にはいります。犬が見えたらすぐに座らせ、とびかかりそうになったら制止します。

《怖がりさんタイプ》の子にとってリードがついた状態での散歩は恐怖です。
自分が恐怖を感じているものがどんどん近づいてくるのにリードがついていて逃げられない・・・そして身をよじって首輪をとろうと試みたり、突発的にひっぱってみたり。このタイプの犬たちには時間が必要です。出来るだけ刺激がすくない場所からお散歩をはじめて、自信がつくまでのんびり付き合ってあげてください。犬が周囲の環境にしっかり目を向けられるように、あまり声かけやボディタッチはしない方がいいでしょう。
ある日しっぽがあがって楽しそうに歩いてくれる日がくるはずです☆

上記にあげた以外でも様々な原因・タイプがあると思います。
その子にあったリードの持ち方をして、人も犬もリラックスできる楽しいお散歩を目指しましょう!

犬のペットホテル、トリミングサロン、しつけのご相談は
船橋市DogStylingSalonMele
八千代市WhiteFluffy
メレ&ホワフラにお任せ下さいU・w・U