メニュー

シャンプー&トリミング

white fluffyのシャンプー&トリミングサービスでは、まずわんちゃんの皮膚・被毛・耳・爪・全身のボディチェックを行い、素材にこだわったシャンプーとバブルシャワーで心を込めたケアを致します

お手入れ

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:足裏バリカン

シャンプーの前に、爪切り・耳毛抜き・足裏バリカン・ブラッシングをします。

もつれ・毛玉がある状態で洗ってしまうと十分にお湯・シャンプーが皮膚に行き届かず、痒み・肌荒れの原因になります。

シャンプー

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:シャンプー

当店では
より綺麗に、スピーディーかつ丁寧に
を常に考えてシャンプーしています。

  1. 全身をお湯で十分に濡らします。
  2. 肛門線を絞ります。溜まりすぎると肛門線が破裂して肛門付近に穴があいてしまったりするので、溜まっていないかしっかりと確認します。
    出たら、お尻周りをお湯で流します。
  3. 汚れが多い子、皮膚にベタつきがある子は下地洗いをします。
    シャンプーでも同じですが、お散歩などで汚れた足先は指の間・肉球の間もしっかり洗います。
  4. クレンジング剤を流したら、シャンプーです。
    忘れがちな脇・内股・足裏・アゴ下を含めた全身をしっかり洗います。顔は目にシャンプー剤が入らないよう十分に気をつけます。
  5. シャンプー剤が残らないよう全体にお湯をかけて流します。
    顔にお湯がかかるのが苦手な子はたくさんいると思います。そんな子には無理にシャワーで流さず、お湯を含んだスポンジで流したりします。
  6. リンスを体全体に流します。
    汚れを落とすシャンプーとは違い、全身に馴染ませるようにマッサージしながらリンスをかけます。
  7. 再びリンスが残らないようによく流します。

【シャンプーが苦手な子には】

◎無理矢理強く抑えてシャンプーすると、シャンプー=嫌い、怖いというイメージを与えてしまうので無理強いせず、リラックスしてもらえるように声をかけながら落ち着かせて洗います。

ブロー

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:やさしくブロー

最初からドライヤーは当てず、まずはタオルで水分をよく拭き取ります。そうすることによって、ドライヤーの熱の当たりすぎで起こる毛切れ.皮膚の赤みを防ぐことができ乾かしの時間も短縮できます。
また、ドライヤーが苦手な子には、風量を弱めて使います。

特にプードルは、顔のカットの仕上がりが大事です。なので、毛がよく伸びるように顔・頭のブローを先に行います。

基本的にはスリッカーでブローをしますが、スリッカーが苦手な子にはスリッカーを使う時間を減らして、コーム・ピンブラシ・玉付きのスリッカー・手などで乾かします。
毛の流れと逆方向にブラシを動かし、最終的には毛の流れと同方向にブラッシング、コーミングをします。
いたる方向にはねた毛もサラッと落ち着く見た目になります。

全身乾いたと思ったら、風を当てながら手で全身を触り、乾かし忘れがないか最終チェックをします。

カット、仕上げ

ペットホテル トリミング ホワイトフラッフィ:グルーミングスプレー

カウンセリングでお伺いした頂いた内容に沿ってカットをしていきます。
多くのわんちゃんが苦手とするのが、目頭・耳の前のカットです。目の前にハサミがあったら、耳元でハサミの音がしたら怖いですよね。

他にもわんちゃんによっては苦手な部分があると思います。その時は、無理矢理抑えて切るのではなく、優しく声をかけながら切り、いい子にカットさせてくれたら褒めたりして安心してもらいます。

カットが終わったら、爪をやすり、耳掃除、ご希望の方にはリボンを付けて、カットのチェックをして仕上げのスプレー(被毛ケア グルーミングスプレー)を全体にかけて終了です。

トリミングのお問合せ